大山乳業農業協同組合

「白の一滴、心の一滴」酪農家の心を食卓へ
白バラ牛乳ができるまでCOWY TV on YouTube工場見学のお申し込み
謹んでお見舞いを申し上げます。
<2016年6月30日 【重要】商品に関するお詫びとお願い(7/13更新)>
<2016年7月04日 お知らせ>
白バラ乳〜す!

一日限りのフルコース工場見学!

写真

夏休み特別企画!
〜白バラ牛乳ができるまで〜まるごと見学ツアー

自らが生産した生乳を処理し、販売するという一貫体制のもと、安心・安全で良質な牛乳をお届けしてきた大山乳業にしかできない、一日限りのフルコース工場見学を開催いたします。
普段なかなか見る機会のない酪農家の集乳の様子から、工場への搬入、ミルク料理作りまで、その名の通りまるごと大山乳業を体験していただける見学ツアーです!

このスペシャルな工場見学に抽選で小学生親子ペア10組20名様を限定招待いたします。
開催日は8月6日(土)午前7時50分、組合本所工場集合です。

ご応募は以下のページから行っていただけます。
まるごと工場見学応募受付ページ

夏休みの思い出に、自由研究の題材に、ぜひご応募ください!


白バラ乳〜す! 過去の記事
酪農家の四季

酪農家の暑熱対策

写真

実は、牛も人間と同じく暑さに弱いんです。
乳牛の健康に適した気温は4℃〜24℃と言われており、それ以上になると暑さによるストレスで乳量が少なくなったり、乳質が悪くなったり、体調を崩したりと体にさまざまな影響が出てしまいます。

そのため、鳥取県の酪農現場ではさまざまな暑熱対策が行われています。
本日はその中の1つの方法である、ドロマイト石灰塗布を紹介します。
ドロマイト塗布とは、写真のように牛舎の屋根を白く塗り、日光により屋根が焼けその温度が牛舎内に伝わるのを軽減します。
塗布により、トタン屋根の場合だと50℃以上あった屋根裏の温度が30〜35℃に軽減されます。
一般的に畜舎内では扇風機により風が送られていますが、屋根が熱いと送る風まで熱くなってしまうため、屋根の温度を下げることで畜舎内を快適な温度に保てます。

このように、酪農家は日々良質な生乳を生産するためにさまざまな取り組みを行っています。


酪農家の四季 過去の記事
新着情報
過去の記事
現場最前線

大山乳業のアイスモナカが韓国へ進出!

6月より大山乳業のアイスモナカ3種(牛乳・珈琲・さつまいも)を韓国・ソウル市内の百貨店にて販売しております!
韓国では日本製のスイーツが大人気となっており、売り場にはたくさんのお客様が詰めかけていました。


現場最前線 過去の記事
サイト内検索 powered by google